スポンサーリンク

六本木のケバブ屋をまとめて紹介【全3店舗を現地調査】

六本木のケバブ屋

多くの外国人の方が集い、眠らない街である六本木にはケバブ屋が3店舗あります。

外苑通りにある「DENIZ」と、六本木通りにある「ケバブバー」は、僕がケバブを食べ始めた2014年頃からあるお店。

一方、外苑通りにあるマモケバブは、2019年にできた新しいケバブ屋です。

マモケバブ(外苑東通り沿い)

六本木 マモケバブ

以前は赤い色のケバブ屋があった場所。現在は店名が変わりマモケバブになりました。

マモケバブは、六本木以外だと渋谷と原宿にあります。3店舗もあるということは人気なのでしょうか。

こちらのケバブを食べたことはありません。食べたら画像とその感想を追記したいと思います。

店舗情報

DENIZ (外苑東通り沿い)

六本木 DENIZ

先に紹介したマモケバブのすぐとなりにあるケバブ屋です。以前は六本木の青いケバブ屋として有名だったのですが、いつの間に赤いケバブ屋になっていました。

レストランも備えたトルコ料理なのですが、ケバブももちろんおいしい。

六本木 DENIZ 

またお肉の味も他のケバブ家とは少し違った味。マイルドというか、上手く表現はできませんが、とにかく他とは少し変わった味なのです。おいしいことには間違いありません。

ただし、作る人によって具が異なっていたり、盛り付けが違っているのが少し残念ではあります。お肉はおいしいのですが。

知人から聞いた話だと中で食べるトルコ料理もおいしいそうです。日本人が少ないで、ちょっと勇気が必要ですが、「そんなの気にしない!」という方はぜひ。

店舗情報

ケバブバー(六本木通り沿い)

六本木 ケバブバー

六本木交差点から六本木通りを渋谷方面に進み、警察署を過ぎたあたりにあるケバブ屋です。

2014年頃、僕が赤坂勤務だった時代からあるケバブ屋で、夜の遊びに繰り出す人に人気のあるケバブ屋のようです。

最後のこのお店のケバブを食べたのは2年前くらいなのですが、その時は、とんでもない量の野菜を盛ってくれました。

画像がきたないのが申し訳ないのですが、溢れんばかりのキャベツです。その下に肉が溢れんばかり。

ケバブ画像

正直、めちゃくちゃ食べにくいです。歩きながら食べるなんてトリッキーなことはまず無理でしょう。

しかしながらこのボリュームに大満足。お肉の味はスパイシーで、どんどん食が進みます。ガッツリケバブを食べたいときにおすすめです。

イートインスペースもあるので、ぜひなかでゆっくり食べることをおすすめします。量がものすごいので。

店舗情報

その他の地域のケバブ屋をこちら。

タイトルとURLをコピーしました