スポンサーリンク
ケバブコラム

美味しいケバブ(ケバブサンド)とは? 美味しいケバブの3つの条件について

北千住 サライケバブ チキンケバブサンド (9)

美味しいケバブサンドとは、どんなケバブサンドなのか?

そんな疑問に応えるべく、ここでは美味しいケバブサンド(主にピタパンでサンドしているもの)の3つの条件を紹介する。

一言でいえば、美味しいケバブサンドとは手間暇を惜しまない、丁寧な作りのケバブサンドである。では丁寧な作りのケバブサンドとは具体的にどんなものなのか。

それを本記事では紹介していく。また本記事で紹介している「美味しいケバブ」の条件に当てはまるお店は、以下の記事でまとめて紹介している。
おすすめのケバブ屋はこちら

スポンサーリンク

1:肉が最後に食べられる盛り付けになっている

結論を先にいえば、以下の図のように、上から肉、野菜、肉となるような盛り付けが理想的である。

理想的なケバブサンドの盛り付け
上から肉、野菜、肉という盛り付け

また一方で、以下の盛り付けは残念な例である。

ケバブサンドの残念な盛り付け例
上から肉、野菜という2層の盛り付け

それでは詳しく解説していく。

まず、ケバブサンドの満足度を決める上でもっとも重要な要素といっていいのが、この盛り付けだ。どれだけスパイスや肉にこだわっていても、盛り付けが悪いと全部台無しになってしまう。逆に盛り付けが良ければ、肉やパンが微妙でもある程度は満足できてしまう。それくらい盛り付けは重要である。

ケバブサンドの盛り付けとは何か?

しかしそもそも「盛り付け」とはいったい何なのか。一言でいえば、野菜や肉をどういった順番で盛り付けていくかということだ。

ケバブサンドは他のサンドイッチに比べると特異的な形状をしている。一般的なサンドイッチは基本的に上下から具材をサンドする。簡単に説明するなら上と下にパン、真ん中に具材という構成である。そしてどこからどう食べても、パンと具材は同じ割合である。

サンドイッチのイラスト

一方でケバブサンドはそうではない。ピタパンはポケット、もしくは袋のようになっているので、サンドするというよりは、具材を下から上に盛り付けていくようになる。逆に食べるときは上から下に進んでいく。

最初に口にするのは表面の具材とパン。最後はピタパンの底にある具材とパンである。上から下に食べていくのは、サンドというよりは丼に近いかもしれない。

サライケバブ 大久保店

どこからどう食べも具材とパンのバランスが同じであるサンドイッチに対して、ケバブサンド(ピタパンを使った)は、食べる場所によってパンと具材のバランスが全く違う。ゆえに盛り付け方が重要になってくる。

残念な盛り付けの例

食べ物なので、個人的な好みの範疇をでることはできないが、筆者としては以下の盛り付けは嫌いである。

ケバブサンドの残念な盛り付け例

上図のケバブサンドは枠線がピタパンになっている。底に野菜、表面に肉を盛り付けている。盛り付けの手順でいえば、最初に野菜を入れ、最後に肉で蓋をするようなイメージだ。

この盛り付け方はわりとよく見かけるのだが、残念な思いをすることになる。というのも、最後が野菜だけになってしまうからだ。肉は表面にしかないので、前半で食べ切ってしまう。後半に残るのは野菜とパンだけだ。

ケバブの野菜といえばキャベツが定番だ。つまり後半に残るのはピタパンとキャベツだけ。パンのなかでも群を抜いて味気ないピタパンと、野菜のなかでも群を抜いて味気ないキャベツだけが最後に残るのだ。「終わりよければ全てよし」という諺があるが、言い換えれば「終わりが悪いのは最悪だ」といえる。

味気ないパンとキャベツが最後に残るケバブは、ある意味最悪なケバブサンドなのだ。ゆえに上図の盛り付けを筆者は好まない。いい肉、いい野菜、いいパンを使っていたとしても。

もちろんこれは、野菜よりも圧倒的に肉が好きな筆者の場合の話ではあるが。

理想的なケバブの盛り付け

われわれがケバブを食べる理由は、スパイスが染み込んだ肉を食べたいからだ。ゆえにやはりケバブサンドの盛り付けは以下の図のように、最後に肉をもってきてほしい。

理想的なケバブサンドの盛り付け

表面から肉、中間に野菜、そして最後に肉という構成。ピタパンのなかで、肉で野菜をサンドするような構成だ。もしかしたらケバブサンドの「サンド」はこの意味で使っているのかもしれない。

それはさておき、この盛り付けなら最初にお目当ての肉、途中で野菜という休憩を挟んで、最後の締めくくりに肉を食らうことができる。

盛り付けをちょっと工夫するだけで、ケバブサンドから得られる満足度は劇的に変わる。このことを筆者は、色々な店のケバブサンドを食べて歩いて気づいた。

ちなみにもう1つ付け加えると、いい盛り付けの例の1つとして、トリッキーな盛り付け例もある。それは以下の写真のように、野菜と肉を縦に、というか立体的に分割するパターンだ。

ケバブファーム 自由が丘 チキンケバブ

この盛り付けの場合、最初から最後まで肉と野菜がほぼ同じバランスで食べることができる。サンドイッチのように。難しいからなのか、この盛り付けをするお店は極端に少ない。絶滅危惧種的ケバブサンドともいえる。

2:パンをしっかり焼いてくれる(香ばしくなるまで)

池袋 Nice Kebab(ナイスケバブ) (1)

ピタパンをしっかり焼くか、それとも適当に焼くか、はたまた焼かないか。この一手間をかけるかどうかでケバブサンドの味は大きく変わる。

一般的にケバブサンドはピタパンを使う。このピタパンは常温、もしくは冷蔵の状態なので、ピタパンを網なり鉄板なりで焼く。この焼き加減が重要なのだ。

色々なケバブサンドを食べて感じたのは、ピタパンはしっかり焼いてくれたほうが美味しいということ。

ピタパンをこんがり焼き目がつくまで焼くことで、パンの香ばしい風味を楽しめる。またこのパンの風味は、スパイスがきいた肉とその脂と非常に相性が良い。ピタパンをちゃんと焼くというこの一手間をかけることで、全体的として非常に美味しいケバブサンドになるのだ。

パンを全く焼かないケバブ屋は最悪である

残念ながらピタパンを焼くというこの一手間をかけてくれるケバブ屋は多くはない。ほとんどのケバブ屋では、さっと火を通すのみだったり、炊飯器で保温しているだけであったりする。全く熱を通さず、常温のままピタパンを使う残念すぎるケバブ屋もある。

ただ食べているだけの、作り手の気持ちを知らない筆者が「ちゃんとしたケバブサンドを作ってくれ」などと押し付けることはできない。それでもしっかりパンを焼いてくれるケバブサンドがめちゃくちゃ美味しいのは、事実である。

冷たいパンでしかケバブサンドを食べたことがない人は、ぜひ、しっかりパンを焼いてくれるケバブ屋のケバブサンドを食べてみてほしい。ケバブサンドの印象がガラッと変わるはずである。

3:ソースの量のバランスがいい

キャベツに全然ソースがかかっていなかったり、表面だけにドバドバかかっていて内部がスカスカであったり、他にもキャベツの部分にだけドバドバソースがかかっていたり、ソースのバランスが悪くて残念なケバブサンドがある。

先の盛り付けほどではないが、ソースのバランスは非常に重要である。ソースが少ないと生のキャベツを食べることになる。野菜がそれほど好きではない筆者からすれば、何のソースもかかっていないキャベツを食べることほど苦痛なことはない。

だからといってソースが多すぎると、ソースでビジャビジャになった野菜を食う羽目になる。かかっていないよりはいいが、やはりバランスが大切である。

ソースの量についてはまさに単なる好き嫌いかもしれない。肉そのものの味を楽しみたいという方は、ソースなんて一滴もいらないのかもしれない。逆に肉とソースのマリアージュを楽しみたい人はドバドバかけてくれるほうがいいのかもしれない。筆者としてはどちらも微妙で、やはりバランス良くかけてほしい。

もしかしたらソースをセルフにしたらいいのかもしれない。それならば好みの量でソースをかけることができる。

おまけ:作り手による違いがない

ミセスイスタンブール 羽田

これは美味しいケバブの条件というよりは、美味しいケバブ屋の条件ともいえる。たとえば、美味しいケバブ屋を見つけたと思っても、別の日、別のスタッフのときだと、全然美味しくないことがある。これは作り手によって盛り付けやパンの焼き加減が異なるからである。また作り手が同じでも、店が混んでいたり、店主の機嫌が悪かったりすると途端にいい加減なケバブサンドを渡され、残念な思いをする。

ただ食べているだけの分際で、毎回しっかり作ってくれなどという押し付けはできない。しかしケバブサンドの完成度がいつも違っていて、美味しい日とそうでない日があると、安心して利用することができない。ハズレの日にあたってしまうことの恐怖で、その店にはいけない。

ゆえに、どんなスタッフでも、どんな混み具合でも、同じケバブサンドになるようにしているケバブ屋はいい店である。作り方を画一化している、つまりちゃんとしたマニュアルがあるわけだから。品質が安定していているので、安心して訪問することができる。期待通りのケバブサンドを食べることができる。

人によるばらつきのような人間性こそ、零細店の特色ともいえるのかもしれない。そういった考えも支持したい。しかし美味しいケバブサンドを食べるなら、人におすすめするならば、いつでも美味しいケバブサンドが食べられるお店がいい。それに異論はないはず。

おわりに:本当に美味しいケバブサンドを食べてほしい

これまで色々なケバブ屋をまわり、色々なタイプのケバブサンドを食べてきた。

ケバブを食べ歩くなかでわかったのは、残念ながらハズレが多いということだ。たいていどこも肉の味は美味しい。しかしパンを焼いていなかったり、盛り付けが雑だったり、ソースの量をケチっていたり、今ひとつの場合が多いのだ。

繰り返しになるが、いい加減なケバブ屋があるのもまた、ケバブ屋の魅力の1つあり、そういった存在もケバブの食べ歩きをする面白さの1つである。

それでも、やはり本当に美味しいケバブを食べたときの感動は本当に忘れられないものになる。その感動の経験があるからこそ、多くの人に、本当に美味しいケバブを一度は食べてほしい。ハズレのケバブを食べて「ケバブなんてこんなもんか」と思ってほしくない。

本記事で紹介した美味しいケバブサンドの条件に当てはまる、本当に美味しいケバブが食べられるお店は、以下の記事で紹介している。ぜひ一度、訪問してほしい。

タイトルとURLをコピーしました