-Ads-
ケバブ屋

【飯田橋】ヒサル(Hisar)のケバブサンドとケバブ丼を実食レポ

飯田橋ヒサル(hisar)

ヒサルは飯田橋駅西口から徒歩3分の場所にある小さなトルコ料理屋です。

飯田橋の店舗は2号店で、1号店は大久保あります。飯田橋店は2021年頃にオープンしました。

大久保 Hisal ヒサル
大久保店
飯田橋 Hisar(ヒサル) (1)
飯田橋店
-Ads-

王道メニューからバゲットを使ったメニューも

飯田橋 Hisar(ヒサル) (1)
飯田橋店

一応、トルコ料理レストランという形態で、なかにはイートインスペースがあります。

メニューはケバブサンドやケバブ丼、ケバブラップなどのオーソドックスなものがあり、肉はビーフとチキンから選べます。

さらにバゲットを使ったヒサルスペシャルというメニューがあります。

飯田橋 Hisar(ヒサル) (1)
飯田橋ヒサル(hisar)

最初に訪問したときにバゲットを使ったヒサルスペシャルを注文したのですが、売り切れでした。人気のメニューなのでしょうか。

-Ads-

ケバブサンド

ということでまずはケバブサンドです。

飯田橋 Hisar(ヒサル) (1)
飯田橋 Hisar(ヒサル) (1)
飯田橋 Hisar(ヒサル) (1)

キャベツとチキンのシンプルケバブサンドです。パンはほんのり焼いていますが、強いていえば、もう少し焼いてくれると嬉しかったところ。ですが、ひとまず可もなく不可もなくという感じの、普通に美味しいケバブサンドです。

-Ads-

ケバブ丼

続いては店内で食べたケバブ丼です。

ケバブ丼というよりはケバブライスでしょうか。トマトと野菜、肉、そして下にはご飯が隠れています。

肉も野菜もご飯も食べられるまさに完全食といった様相です。

ケバブサンドよりは、ケバブ丼のほうが私は好きです。

-Ads-

詳細情報

飯田橋 Hisar(ヒサル) (1)
-Ads-

近所のケバブ屋

大久保のヒサルはこちら。

この記事を書いた人

ケバブ愛好家による東京のケバブ屋まとめブログです。

※東京のすべてのケバブ屋が掲載されているわけではありません。
※本ブログで紹介している店がすでに閉店している場合もあります。

※当サイトに関するお問い合わせはお問い合わせページからお願いします。【お問い合わせページ

※その他の運営ブログやSNSはこちら
https://linktr.ee/kanazawa.syoku

かなざわをフォローする

自費出版物

ミルクレープの歴史と普及の過程に迫る【ミルクレープとは何か?】

ミルクレープとは何か? 表紙

ミルクレープはいつ頃から日本に存在するのか? ミルクレープはどのようにして私たちの生活に定着したのか? これまで詳しく語られることがなかったミルクレープの歴史やその特性を掘り下げた一冊。新しいミルクレープの姿を垣間見れる内容になっています。Amazonにて販売中。

※購入・詳細はこちら(Amazon)

40店以上のミルクレープを写真で紹介!【ミルクレープ図鑑】

日本にはどのようなミルクレープが存在するのか? カフェや洋菓子屋、寿司屋にいたるまで、あらゆる店のミルクレープを写真で紹介する一冊。全40店以上のミルクレープを収録しており、まさにミルクレープ図鑑といえる内容になっています。Book★Walkerにて販売中!

購入・詳細はこちら(Book★Walker)

チェーンカフェチーズケーキ録(2021年版)

全21店のカフェのチーズケーキについて、写真と文章で解説した一冊です。Book★Walkerにて販売しています。

購入・詳細はこちら(Book★Walker)

今後は東京のケバブ屋について考察した本を製作・発売する予定です。

-Ads-
かなざわをフォローする
東京のケバブ屋を紹介するブログ【東京ケバブ】
タイトルとURLをコピーしました