-Ads-
ケバブ屋

【吉祥寺】ADA Sand&Kebab(アダサンドアンドケバブ)のイズミルサンドとバゲットサンド

吉祥寺・ADA Sand & kebab (10) (1)

東京吉祥寺のLOFTが入る建物の一階に、数年前は考えられなかったカフェのような清潔感のあるケバブ屋があります。

ADA Sand kebab吉祥寺店です。

-Ads-

ケバブ屋としては珍しいグリーンを基調にした店

エメラルドグリーンを使った従来のケバブ屋にはないような色使いです。ケバブ屋といえば、赤や黄色、オレンジ色を基調とした店がほとんどです。以下は他店の外観です。いかにもケバブ屋といった感じです。

一方でADA Sand kebab どこかの異国風のカフェを思わせる外観です。内装も同じようにケバブ屋とは思えない店です。

トルコ系のケバブ屋だそうなのですが、この色使いの店は他に見たことがありません。

-Ads-

荻窪に2号店がある

ちなみにADA Sand&Kebabは2号店が荻窪にもあります。

荻窪・ADA Sand and Kebab(ADAサンド&ケバブ)

以前訪問しましたが、どちらもグリーンを基調にした店です。メニューも同じでした。詳細は以下のページで紹介しています。

-Ads-

他では食べられないイズミルサンドが食べられる

メニューはピタパンを使ったケバブサンドやトルティーヤを使ったケバブラップなどオーソドックスなものがある他、ふわふわのパンを使ったバゲットサンドや、イズミルサンドという他の店では食べられないメニューもあります。

吉祥寺・ADA Sand & kebab (7)
吉祥寺・ADA Sand & kebab (6)

まずこちらがイズミルサンドです。トルコのイズミルという街で食べられているサンドイッチだそうです。

ごまを振ったバンズに、ベーコンやソーセージなどの肉類、そして野菜をサンドしています。また今回はトッピングでチェダーチーズを追加しています。

肉はソーセージのようなものを使っているので、ケバブとは少し違います。それにしてもインパクトがあります。

-Ads-

バゲットを使ったケバブサンドも

また別日にバケットサンドもいただきました。

こちらはチキンをつかっています。また野菜はキャベツではなく玉ねぎとトマトです。さらにスパイスとソースをトッピングしています。パンはやわらかいですが、日本のコッペパンのようなものではなく、ほどよく弾力があって食べごたえがあります。

肉の味付けも絶妙によく、あっという間に食べ終わってしまう美味しさです。

-Ads-

詳細情報(店の地図など)

その他の吉祥寺のケバブ屋

この記事を書いた人

ケバブ愛好家による東京のケバブ屋まとめブログです。

※東京のすべてのケバブ屋が掲載されているわけではありません。
※本ブログで紹介している店がすでに閉店している場合もあります。

※当サイトに関するお問い合わせはお問い合わせページからお願いします。【お問い合わせページ

※その他の運営ブログやSNSはこちら
https://linktr.ee/kanazawa.syoku

かなざわをフォローする

自費出版物

ミルクレープの歴史と普及の過程に迫る【ミルクレープとは何か?】

ミルクレープとは何か? 表紙

ミルクレープはいつ頃から日本に存在するのか? ミルクレープはどのようにして私たちの生活に定着したのか? これまで詳しく語られることがなかったミルクレープの歴史やその特性を掘り下げた一冊。新しいミルクレープの姿を垣間見れる内容になっています。Amazonにて販売中。

※購入・詳細はこちら(Amazon)

40店以上のミルクレープを写真で紹介!【ミルクレープ図鑑】

日本にはどのようなミルクレープが存在するのか? カフェや洋菓子屋、寿司屋にいたるまで、あらゆる店のミルクレープを写真で紹介する一冊。全40店以上のミルクレープを収録しており、まさにミルクレープ図鑑といえる内容になっています。Book★Walkerにて販売中!

購入・詳細はこちら(Book★Walker)

チェーンカフェチーズケーキ録(2021年版)

全21店のカフェのチーズケーキについて、写真と文章で解説した一冊です。Book★Walkerにて販売しています。

購入・詳細はこちら(Book★Walker)

今後は東京のケバブ屋について考察した本を製作・発売する予定です。

-Ads-
かなざわをフォローする
東京のケバブ屋を紹介するブログ【東京ケバブ】
タイトルとURLをコピーしました