【閉店】下町ケバブ【亀有でケバブ!】

※下町ケバブは閉店していますが、記録のためにこちらの記事は残しております。

下町ケバブ 亀有 店舗外観画像

葛飾区亀有。この下町では一風変わったケバブ屋があります。

しかもめちゃくちゃ美味い!

お店が閉店している場合もあります。訪問の際は食べログなどで営業確認をしていただくのがおすすめです。

ぷりっぷりっの鶏肉。これは旨い!!下町ケバブ!

亀有ケバブ ケバブトッピングあり
見た目はいたって普通のケバブ。しかしこちらのケバブは他のケバブとは似て非なるもの。肉の味からパン、野菜まで違います。

まず、肉そのものが違います。使われているのは鶏肉なのですが、なんと厳選された国産の新鮮な鶏肉を使っているそうです。

確かにとても柔らかくて鶏肉の本来の気持ち良い食感を存分に味わうことができした。

また味付けも独特で、日本人が好きそうな照り焼き系の味です。

外国人の方が運営されているケバブ屋の肉はスパイシーでエキゾチックな、日本の食べ物にはない味がしますよね。しかしこちらにケバブはどこか食べなれたような、日本人なら誰もが好きな味付けがなさているのです。

モチモチ!独自製造のピタ

ピタも独特です。多くのケバブ屋使われているピタは薄くて少しパサパサした感じのもの。それだけで食べるには味がなくて少し寂しいものです。

しかし、下町ケバブで使われているピタはそれなりに厚みがあって、少しモッチリしています。そのためとても食べ応えがあります。ピタというよりも「パン」といった感じです。こちらのピタはなんと店内で独自製造をされているそうです。

ケバブさらに引き立てるソース、具材

多くのケバブ屋でのソースの種類といえば、甘口、中辛、辛口、MIX、ヨーグルトベース。といったものが多いでしょう。しかしこちらのお店では他には独特のソースが用意されています。

  • 人情マヨ
  • 下町わさびマヨ
  • サウザンソース

ちなみにサウザンソースはスタンダードなケバブのソース。他の店で言うなら甘口ソースの事です。

このようにとてもユニークなソースが用意されています。マヨネーズやわさびを取り入れているところがいかにも下町ケバブといった感じです。

また具材も独特です。なんとデフォルトでチーズが入っています。それも細かくカットされたチーズではなく、平面上のチーズがピタに沿うように収納されています。そのためとてもマイルド味になっており、チーズ好きには嬉しい一品です。

トッピングが無料

下町ケバブ トッピング

こちらのお店の最大の特徴といえるのはなんといっても色々なトッピングが無料でできてしまうこと。

トッピングの種類は多すぎて覚えきれませんでしたが、ブラックペッパーやトマトソース、削り節、粉チーズなど実に様々なトッピングが可能です。

ちなみに私は勇気がなかったので色々なものを試す気持ちにはなれず、粉チーズとブラックペッパーのみのトッピングで頂きました。

とにかく色々とケバブの常識から外れていたので色々な意味で衝撃を受けました。

「異国風なスパイシーな味付けが何よりも好き!」「ケバブはやっぱり、あの“雑”というか“複雑”というか“ワイルド”な味でしょ!」という方には物足りないかもしれません。

しかし、日本人特有の優しさ、繊細さ、つまり“お・も・て・な・し”の心がつまった美味しいケバブであることは間違いありません。

ケバブ好きの方は、必ず一度は食べて頂きたいケバブです。

店舗情報

  • 営業時間:11:30~20:00 ※手作りの為、数量限定 売切れ次第終了
  • 定休日:毎週水曜日
  • 料金:600円特別価格の場合は390円など(下町ケバブ)
  • 住所:東京都葛飾区亀有3-22-6
  • アクセス:亀有駅南口より徒歩3分程度。駅を出てゆうろーど商店街へと進むと見えてきます。