ケバブネタ

なぜ今、ケバブなのか⁉ケバブブームが到来している3つの理由

投稿日:2014年11月20日 更新日:

東京のケバブを食べつくせ600
今、確実にケバブブームが到来しつつあることは間違いありません。

一昔前までケバブは完全に異国の食べ物として捉えられていました。しかしいつの間にかに一般的になりつつあり、ケバブのNo.1を決める大会や、ケバブコン(街コン)まで行わるほどに。

ケバブが今、注目の食べ物であることは間違いないでしょう。

そんなわけで今回は
「なぜ、今ケバブがアツイのか!?」
ケバブの魅力を紹介するとともにこの理由について紹介していきたいと思います。

ケバブは希少な食べ物である

ケバブの魅力1
中華料理や韓国料理、フランス料理、スペイン料理。これらは割と日本でも一般的になっていて、街の至るところにお店を見かけます。また専門店にいかなくても、ファミリーレストランやオシャレな飲み屋などで手軽に食べることできますよね。

急に食べたいと思った時、ググらなくても新宿や渋谷のような繁華街なら簡単に見つけることができるほど、街には中華、イタリアン、フレンチ料理屋などで溢れかえっています。

しかし、トルコ料理屋はそれほど多くはありません。ケバブ屋に至っては限れた場所、もしくはイベント会場に行かないと食べられないのが現状です。

一昔前よりは大分お店の数は増えましたがそれでもまだまだ珍しいもの。ケバブって日本では希少な食べ物なんです。

ケバブが人を魅了する理由の一つであることは間違いないのではないでしょうか!

ケバブ屋に行けば陽気で楽しい店員さんに出会える

ケバブの魅力
これはケバブの魅力というよりもケバブ屋の魅力になります。

ケバブ屋に行ったことがある人なら分かるかと思いますが、ケバブ屋の店員さんはみんな陽気です。ケバブを食べようと思っていなくても陽気な店員さんに声掛けられてついケバブを食べてしてまった、という方もいるのでしょう。

また、ユーモアのセンスが抜群で、店員さんのほとんどがひたすらジョークを言い続けているような感じです。他のインド料理屋や中華料理屋で陽気な人はそれほど見ませんが、ケバブ屋は必ずといってほど陽気な店員さんがいます。

ケバブ屋だから見過ごせるあの陽気さ

アメ横や六本木のケバブ屋で見かけるあの少し強引とも言えるほどの呼び込みはケバブ屋だからこそ許されることなのではないかと思います。

仮に同じようなことを日本人がしてもそれほど印象に残ることはないでしょう。またしつこければ若干けむたく感じてしまいますよね。しかしそれがケバブ屋の店員さんだとけむたいどころか楽しいと思ってしまうのです。

ちょっとテンションが上がらない……そんな日でも元気なケバブ屋の店員さんに会ってくだらない会話をして、美味しいケバブを食べれば一瞬で元気になります。

ケバブが今、アツイ理由の一つであることは間違いないでしょう!

とにかく美味しい!

ケバブの魅力
書くまでもないかもしれませんがここはしっかりとして発言させて頂きます。とにかくケバブの何が魅力かって、やっぱり美味しいところなんですよね。

カリッと焼かれた肉。スパイシーな味付け。シャキシャキのキャベツ。甘いトマト。普段はあまり食べないピタパン。そして独特のソース。これら全てが織りなす絶妙な味!

日本料理に決してない味であり、またケバブ屋、もしくはトルコ料理屋に行かない限り食べられない独特のテイストは、ケバブの価値を上げているもっともたるものでしょう。

それはまさにケバブだからこそ成せるものであり、ケバブにしか成せないものであります。
大事なことなので繰り返しますが、ケバブは美味しい!

-ケバブネタ
-

Copyright© ケバブ屋を根こそぎ紹介!東京のケバブを食べつくせ! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.